腱鞘炎って怖い



こんにちは

週末サウナーです。

 

少しブログから遠ざかっていました・・・

理由としては、タイトルの通りですが、

両手が腱鞘炎になってしまいました。

 

仕事は我慢してやっていたのですが

最近始めたブログまで書き続けることがしばらくできず・・・

 

 

腱鞘炎とは?

腱鞘炎、人生で初めてなりました。

何かという所は以下のサイトで書いていますが、私の場合は手首での腱鞘炎でして

「ドケルバン病」っていうらしいです。

なんかドーベルマンみたい

www.nhk.or.jp

 

仕事でPCを使い、家事で料理をし、子供を抱き上げ抱っこする

 

そういうことを繰り返していると、いつの間にか腱鞘炎になっていました。

朝起きた時から

 

腕、というか

親指を動かすだけで痛い

 

電気が走るというか、もう意識しないで動いただけで

ピッキーンとなり、自分自身も硬直する感じ

 

まさか、年のせい?なのか・・・

それとも運動不足ですかね・・・

 

きっと、年齢は関係なく、なる人はなりますよね!

いや!!そうだと言ってくれ!!

 

病院に行ってみたら

痛くなってから2週間、湿布を貼れども貼れども治りません。。

逆にひどくなってきてる感じがするくらいです。

 

会社を午前休を取り、整形外科の病院に行ってみました

以下やり取り

 

(先)「どうされましたー?」

(私)「かくかくしかじか、ふじこふじこ」

(先)「どれどれ・・・これ痛いです?(つんつん)」

(私)「(はうぁ!!!)それ、めっちゃ痛いっす!!!」

(先)「あーこれ・・結構いっちゃってますねw」

(私)「え・・そうですか・・・」

 

 

・・・・・

 

 

 

無事、サポーター生活が待っていました(片手だけですが)

 

f:id:harumegzou:20211119214805j:plain

 

 

ただ、サポーター巻くと

 

めっちゃ快適です!!

ほぼ痛みがないといっていいくらい!!

快適です!!!

 

さすがに腱鞘炎になる前と同じようには動かないですが!

それでも!

 

痛くない!!!!!!

 

これだけでもサポーター様様です!

 

リハビリも大事なのでこれから少しづつ治していこうという感じです。

ブログも無理しない程度にゆるゆると続けていきます。

久々にサウナに行ってきました!

こんにちは!

週末サウナーです!

 

 

タイトルの通りですが!

久々に!自宅近くのサウナに行ってきました!

f:id:harumegzou:20211102214813j:plain

 

いやぁー、最高でした!

ホント気持ちいい!すっきりしました!

 

思い返せば、本当に久々でした・・・(涙)

コロナ禍になってから中々行けなかったんですが、

最近、コロナが落ち着いてきていることもあり、

ようやく行ってみようと思えました。

 

サウナの入り方はいろいろあると思いますが、

私の場合は、

 

  1. 5分~7分ほどサウナに入る
  2. 出てお湯のシャワー浴びて、水を飲む。

  3. 水風呂に入る! ←この瞬間が最高

  4. 5分ほど休んだら、1に戻る

 

というルーチンを3回ほど繰り返します。

これだけで最高です♪

 

 

もっと長くサウナの中に入れる人もいると思うんですが・・・

自分は10分より前には、

必ず限界が来てしまいます

(ホント長いのは無理なんです・・・)

 

サウナのコロナ対策って

 

ただ、今の時代では、どうしてもコロナが気になるのかなと思います。

 

「サウナって密になってしまうんじゃないか」

「感染対策はどのようにしたらいいのか」

 

私もそう思っていたので、色々と調べてみました。

引用元:www.ja-sauna.jp

 

日本サウナ学会・・・という学会があることも知らなかったのですが、

感染対策としてどのようにするのか?という点をまとめてくれています。

私も参考になりました!

 

「コロナ対策済みの施設一覧」もありますので、

気になる方はチェックされてみてはいかがでしょうか?

 

サウナの効果ってどんなものがあるの?

 

こちらも気になりますよね?

「サウナって暑いからあまり入りたくない・・・」

「入っても何がいいのかわからない・・・」

という方もいるのかなと思います。

 

私は単に、健康にいい!(はず)

出た時に気持ちいい!というだけで入っていましたが、

少し調べてみるのもいいかと思いました。

 

引用元;www.sauna.or.jp

 

日本サウナ・スパ協会・・・という協会も初めて知りましたが、

このページにとても綺麗にまとめていただいているのかなと思いました。

 

個人的に気になった効能としては

 

●温度刺激でストレス解消

●血行促進で肩こり解消

●減量効果

引用元;www.sauna.or.jp

 

という点です!

特に減量という点は、体重が減らなくて気になりだした年頃なのでとても嬉しいです!

年を取ると必ずセットでついてくる(気がする)肩こりも、

社会人になればほぼ殆どの人が感じるストレスも解消されるなんて!

 

やっぱりサウナって最高ですね!

それではまた!

 

【転職】仕事を辞めて転職してみた時の話(2)

こんにちは!

週末サウナーです。

 

前回に引き続き、転職の話を続いて書いていきます。

 

 

リクルートエージェントに相談してみた

初めて相談に行った時には緊張していましたが、

実際にお会いして話をしてみることで、

 

  • 今までの自分自身のやってきたスキルの棚卸し
  • 今後のキャリアについてどう考えていくことができそうか?

 

という事について改めて考えることができました。

もちろん、それ以外にも基本的なところもアドバイスをもらうことができました。

 

  • 履歴書の書き方
  • 面接の対策
  • 転職する際の心構え 等・・・

f:id:harumegzou:20211030222739j:plain



どれもみんな、大切なことですね。

エージェントに相談しに行った後からはいざ実践という事で、

紹介していただける案件に応募できそうなものに片っ端から応募していきました!

「パーソナルデスクトップ」という、エージェントと転職者をつなぐシステムを利用することで

スムーズに案件管理や応募が行えたと思っています。

 

実際の転職活動は・・・

正直、最初は何もうまくいきませんでした。

書類選考は落ちまくりますし、どうにか面接にこぎつけても、

ほぼ一次面接で落ち続けました。

最終面接まで行けた案件は、活動を始めて3か月程度過ぎても、

1件もなかったと思います。

 

f:id:harumegzou:20211030222950j:plain

 

今考えてみると、

当時はスキル面では大きく訴求できるポイントがなかったこともあり、

面接の場も経験が少なくてうまく受け答えもできていなかったと思いますし、

そういうことだと当たり前なのかもしれないですけどねー・・・

それでも精神的にもきますし、モチベーションも落ちてきてましたが、

だんだんと面接に慣れてくる感覚もありました。

この時に転職エージェントの方からも励ましていただけたりしたことも、

モチベーションを保ち続けられる要因の一つだったと思います。

 

とりあえずは1年間やってみようかな・・・と考えながら活動をしていると、

転職活動開始から半年たったタイミングで、

ようやく3社ほどほぼ同時に最終面接までこぎつけました!

 

そして、その内の2社で

とうとう内定をもらうことまでできたのです!

 

f:id:harumegzou:20211030223123j:plain

 

この時は今でも覚えてますけど、めっちゃ嬉しいという気持ちの反面、

どちらかを選ばないといけない・・・という嫌な気持ちにもなったことを覚えています。

選ぶ際には悩みましたが、私は以下の観点で考えて決めていきました。

 

  1. 自分の給与面が上がること
  2. 転職先の会社が安定していそうなこと
  3. 今よりもスキルが上げることができそうなこと

 

ここは人によっての価値もあると思いますが、

その当時の自分は給与/安定という価値を優先していた気がします(笑)

新卒から務めたSES企業に関しては、転職先に行くことを決めた段階で、

退職の手続きをしたいと当時の上司に申し出ました。

その際にひと悶着はあったのですが、それは別の機会に書きたいと思います。

 

 

初めて転職をしてみた時の感想

私が転職ができたことは、

転職エージェントの存在が大きかったと思います。

 

案件の紹介から面接の調整、その後の内定からの入社までの間、

転職エージェントの方がずっと親身に相談に乗ってくれたこともあり、

本当にやりたいことを実現することができたと思いました!

 

転職するまでは自分自身に自信がなくて、

「どうせ自分はダメなんだろうなぁ」とか思うことが多かったんですが、

これも結果が出るまで頑張ってみてよかったことの一つです。

 

自分では業務的にも技術的にも大きな特長を持っていないと思っていても、

「え、こんなところが評価されるの?!」というような

意外なところで評価されるようなポイントを持っていたり、

自分では気づかない魅力があったりするものではないかなって思います。

 

三者の転職のプロにそのポイントを見てもらえる、

転職エージェントの仕組みはぜひ利用した方がいいと思います。

転職者にはメリットだらけだと思いますから。ホントに。

 

 

 

そして、転職って個人的には「捨てる神あれば拾う神あり」という所もあるのかなとも思いますし、転職先の会社の人が「この人と仕事がしてみたい」と思っていただけたら、それだけでももうすごいことなんじゃないかと思います。

それにはやっぱり、自分に自信を持つことが一番大事なのかもしれないですね!

 

今の環境を変えたくて転職したいけど、

自分のやってきたことやスキルに自信が持てなくて一歩を踏み出せないという人は、

一度、転職エージェントに相談するという事をしてみると良いかもしれません。

 

 

【転職】仕事を辞めて転職してみた時の話(1)

こんにちは!

気が付いたら時間が過ぎていてサウナに中々いけない日々が続いている、

週末サウナーです。

 

今回は私が仕事を辞めようと決めて、転職した時のことを書かせていただきます。

 

ちなみに、私は今までにIT業界の中で数回転職を経験しています。

その転職には全て、転職エージェントを利用しました。

今では、ある程度安定した企業に在籍し、

リモートワーク中心の環境で仕事をさせてもらえています。

 

今日に至るまでに、ブラックな環境に転職して仕事をしたこともありますので、

 

 「転職してみたいけど、そもそも転職ってどうしたらいいの?」

 「今の自分が転職なんてできるのか・・?」

 

など、

少しでも転職を考えたことのある方が、

こういう感じで転職した人がいるんだなということで、

参考にしていただければ幸いです!

 

 

 

IT業界の転職ってどうなの?

今の時代、転職は普通になってきている風潮があるように感じます。

「2人に1人は転職を経験する時代」という言葉もありますが、

IT業界は特に転職の機会が多いのではと感じます。

実際のところ、ケースによっては1年もたたずに別の会社に転職するケースも珍しくはないです。

f:id:harumegzou:20211028163310j:plain

外資系企業を渡り歩くグローバルな人もいれば、

国内企業でしっかりと腰を落ち着けて仕事をする人もいます。

もちろん、外資系企業から国内企業、国内企業から外資系企業への転職も頻繁に行われていると思いますし、フリーランスという道を選ぶ人もいると思います。

本当に人それぞれの価値観があるとは思いますので、

自分が一番納得する(できる)形を追い求める!ということがいいんでしょうね。

 

自分が転職を考えた時の事

私は就職を機に東京に出てきたのですが、

最初にいた会社は、SES(System Engineering Service企業でした。

SESとは?という方は以下に詳細がありますので、ご覧ください。

引用元:type.jp

 

学生の頃は「とりあえず東京に出てくれば色々な経験ができるだろう」と考えていて、

  • 会社が独身寮を用意してくれる
  • 他社常駐という形で色々な会社に行って経験を積める

というポイントだけを重視しており、とりあえず行ってみれば何とかなるかな!という軽い気持ちでした。

 

今だから思えますが、新卒カードを大事なところで失ってしまったと思います(笑)

ぶっちゃけていうと、私が最初に勤めたSES企業では、あまりIT技術にかかわる経験を積むことはできなかったです。

以下のことで経験を積む(知識を得る)ことはできました。

 

  1. Excelの扱いは上手くなった(※ 業務用VBAを作成/運用できるレベルくらい)
  2. 常駐している企業のITに詳しくなれた。(※ ただ、レガシーなシステム基盤を継続運用することが必須の職場だったので、新しい技術の経験が得る機会は少なかった)

 

ちなみに、これに合わせてお給料の方も・・・

1年目は頑張って残業しても、年収300万円いかないレベルでした。

※この時の詳しい話はいつか別でお話しできたらと思いますので、ここでは割愛します。。

 

 

この新卒からSES企業で約5年間勤めたタイミングで、

あれ?このままだと将来まずいんじゃないか・・?

と気づき、転職を考え始めます。

 

なぜ転職エージェントを使ったのか

 

ズバリ言いますと、自分は転職に関してなんの知識も持っておらず、

転職をするには、誰かの助けが必要だったからです。

 

今がまずそうだから転職をした方がいいんじゃないか?と考えましたが、

正直、何から手を付けていいのか全くわかりませんでした。

住んでいるのは会社の寮でしたので、休日にスーツを着て面接に行こうものなら、

まわりの誰かに気づかれそうですし、そもそも面接までこぎつけるのにどうすればいいの?という感じです。

 

そんな時にGoogle大先生に「転職したい」という検索をかけてみると・・・

私のIphoneの検索トップ画面に出てきたのは、

リクルートエージェント(リクナビNEXTでした。

 

転職エージェント??・・

これ自分も使えるのかな?? 

と思いました。

 

何もわかっていないのですが、まずは以下を調べてみました。

 

  1. 転職するまでにエージェントにお金を支払うことがあるのか?
  2. 転職相談だけでもいいのか?
  3. 本当に転職できるのか?

 

各個の疑問を色々と調べてみると・・・

 

  1. 転職するまでにお金の支払うことがあるのか? ⇒ 転職する側は費用は一切不要!
  2. 転職相談だけでもいいのか? ⇒ 大丈夫そう!
  3. 本当に転職できるのか? ⇒ 頑張ればできそう!自分次第!

 

という事がわかりました。

 

ただ、この時には、

自分自身のITや業務スキルは低いから他の会社で何もできないんじゃないか?

ということや、

新卒時の就職活動まじめにやってこなかったから、転職って上手くいくイメージがわかない・・・

という不安が大きく、どうせ自分はダメなんじゃないか・・・

というマイナス面をよく考えていました。

 

ただ、ダメ元で一回相談をしてみるか!(お金かからなさそうだし!)と考えて、Webから相談したい旨のフォームを送信しました。

 

 

今考えると、この時に相談をしていて、

本当によかったと思っています。

 

 

今回は一旦ここまでにして、次回続きを書いていきます。

 

 

 

ブログを始めました

はじめまして

週末サウナが楽しみな平凡サラリーマンです。

 

ブログを始めました。

仕事、家庭、趣味、その他日々の中で気づいたいろいろなことを

記事にして、アウトプットできたらと思っています。

継続できるように頑張っていきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いします。🙇

 

 

ブログを始めたきっかけ

始めたきっかけは、大きく3つあります。

 

  1. 仕事のアウトプットをしたい

  2. 自分が今までに知った役に立つ情報を展開したい

  3. 日々の出来事を書き留めておきたい(要は日記)

 

少し詳しく書かせていただきます。

 

1.仕事のアウトプットをしたい

今現在はサラリーマンとして働いていて、とあるIT系企業に勤めています。

IT業界で10年程度働いていて、プリセールスやプログラマ、データセンター内での運用員など色々とやってきましたが、最近は主に企画屋さんの仕事をメインに行っています。

f:id:harumegzou:20211027162043j:plain

仕事の中で知りえた知識や、とりあえず試してやってみたことなどまとめきれず、頭の中での自己完結に陥りがちですので、それを結果としてアウトプットできる場所があるといいなと思いまして、ブログという手法でやってみることにしました。

 

2.自分が今までに知った役に立つ情報を展開したい

少し自己紹介もはさむ形になりますが、結婚をしていて1女の父です。

f:id:harumegzou:20211027162736j:plain

コロナ禍真っ只中の2020年に、幸運にも出産の立会いを経験させてもらいました。

その際には

「出産時は男性の自分に何ができるんだろう??(超不安)」

「出産後はどうしたらいいんだろう・・・何が役に立つんだろう?」

「そうだ、育児休暇取ってみよう!」

などなど

経験から知りえたことや、もっと早く知っておけば役に立ったことやよかったこと、

日々の中で知った情報をブログの中で発信できたらと思いました。

 

3.日々の出来事を書き留めておきたい(要は日記)

これはまさにタイトルの通りですが、日記帳のように使いたいと思っています。

f:id:harumegzou:20211027162934j:plain

日記は今まで意識をしたことがあまりなかったのですが、

アウトプットの一つとして大事な要素だと思いました。

日々の生活の中で感じたことや思ったことなど、自由に書いていこうかと思います。

ただ・・・学生時代でも日記は書いたことがあまりありません(汗)

継続して書けるコンテンツとしては良いと思っていますので、できるだけ書いていこうと思います。

 

 

ここまで記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。

今後も継続して発信していきますので、もしよろしければ、

またよろしくお願いいたします。🙇